2012年8月、京都大学数理解析研究所の望月新一教授は「abc予想」という数学の予想を証明したと発表した。abc予想は、aとbが互いに素でa+b=cが成立する自然数の組(a、b、c)から異なる素因数を抽出し、その積dを作ると、dとabcの間に正の任意の数εを介してある関係が成立するというもの。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1501文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。