意識的に避けている言葉がある。うっかり関わると引きずり込まれて大変な目に遭うのではないか。しかし、先見性のある起業家は千載一遇のチャンスとばかりに、その言葉を前に目の色を変えている。それが、IoT(モノのインターネット)だ。