世界中の自動車メーカーが学び、研究を重ねる「トヨタ生産方式」とは、異常が発生した場合は機械がただちに停止して不良品を作らないという、トヨタ自動車社内で言うところの「自働化」と、各工程が必要なものを必要なときに必要な量だけ作る「ジャスト・イン・タイム」という2つの考え方を柱として確立された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1480文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。