世界中の自動車メーカーが学び、研究を重ねる「トヨタ生産方式」とは、異常が発生した場合は機械がただちに停止して不良品を作らないという、トヨタ自動車社内で言うところの「自働化」と、各工程が必要なものを必要なときに必要な量だけ作る「ジャスト・イン・タイム」という2つの考え方を柱として確立された。