ホクトの工場見学では、エリンギが生育される様子を眺めることができる

 食欲の秋。おいしい料理で胃を満たすのもいいが、時には食品メーカーの工場見学に参加し、製造へのこだわりを目で堪能するのも面白い。ここ数年、一般客が製造過程を見学できる工場が増えてきている。

 長野県佐久市にあるホクトの佐久きのこセンターもその一つ。2011年に開設した新棟に見学コースを設置した。

 「室温17度、湿度90%。きのこが旬を迎える秋の森を再現しています」。社員が案内してくれた栽培ルームに並んでいたのは、鍋料理や炒め物で重宝するエリンギ。プラスチック製容器の中で約2週間で出荷サイズまで成長する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り912文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。