子供の頃、ふと、自分のおばあちゃんにもおばあちゃんがいたんだ、と考え始め、すっかり困惑してしまったことを思い出す。あの困惑って、実は薄まってはいない。困惑というか、いまだに実感がわかない。なぜ自分がここにいるのか、自分に至るまでの線は、家族愛の有無という帰結に持ち込むわけではなく、本来誰しもが追いかけるべき線なのかもしれないと思う。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1305文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。