風邪気味だな。念のため、抗生物質をもらっておこうか」──。病院でこのように抗生物質の処方を希望した経験はないだろうか。

 風邪は、鼻やのどなどの粘膜にウイルスが感染して起こる感染症だ。細菌に対して働く抗菌薬(抗生物質を含む)は、ウイルス性の風邪やインフルエンザには効果がない。ところが、国立国際医療研究センターが今年2月に行った患者調査(3192人が回答)によると、「抗生物質(抗菌薬)は風邪をひいたときに効果がある」と思っている人が43.8%にも及んだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1303文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。