「人工知能の発展に伴い、10年後には人間の仕事がなくなる」 英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が、2013年に出した論文「雇用の未来」が大きな話題になったのは記憶に新しい。