個人消費が振るわない。自動車や家電の販売も厳しく、外食産業も苦戦している。アベノミクスでは脱デフレを掲げているが、デフレの足音が再び迫っているとの見方もある。