秋は紅葉の季節。10月から12月にかけて、北から南へと徐々に色づいていく樹木の葉の彩りを楽しむことができる。紅葉といえば、京都や栃木県の日光などが有名だが、ほかにも全国各地に紅葉スポットがある。紅葉ツアーを数多く手掛ける旅行会社大手のクラブツーリズムに、注目スポットを地域別に聞いてみた。

岩手県の世界遺産、平泉の中尊寺。ヤマモミジなど見事な紅葉で多くの観光客を集める(写真=アフロ)

 まず東北地方からは、世界遺産の岩手県平泉町の中尊寺。「本堂から金色堂まではモミジのトンネルが続きます」(クラブツーリズム広報担当の青木之さん)。日本気象協会が発表した予想によると、盛岡地方の紅葉の見ごろ(基準はカエデ)は11月中旬だという。