国立社会保障・人口問題研究所は8月上旬、2014年度の社会保障給付費が約112兆円に達したと発表した。2015年度の予算ベースで社会保障給付費は116兆円であり、今後も急増が見込まれる。