コーヒーやお茶、紅茶などに含まれるカフェイン。眠気覚ましや集中力を高める効果があると言われているが、一方で過剰摂取を気にする消費者も多い。そんな声に対応し、飲料各社がカフェインを抜いた「カフェインレス」飲料の製品群を増やしている。