絶頂期の分野で新規事業を立ち上げたが、数年後にはその産業は衰退に向かっていた。右に倣えの意識が強い日本では“乗り遅れ”が多発する。

 では、時代に乗り遅れないために、どうすればいいのか? 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』は、アートの重要性を説く。

『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』
山口 周著
760円(光文社新書)


なぜグローバル企業はアートスクールで社員を学ばせるのか。複雑化した現代のビジネス社会で、美意識が果たす役割を探る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1296文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。