今年の5月11日、累計生産100万台目のポルシェ911が本社工場から出荷された。初代911の登場は1963年。54年間で6度のモデルチェンジを経て達成した偉業というわけだ。

100万台目の911は今後、ポルシェミュージアムに展示される予定だ
ボディ-カラーは「アイリッシュグリーン」。内装は白黒のチェック柄

 これまでにもスポーツカーで生産台数100万台を達成した例は、少ないながらも存在する。シボレーコルベットやフォードマスタング、日本車なら日産自動車フェアレディZやマツダロードスターなどがそれだ。

 しかし、その多くはエンジンやプラットフォームなど開発に大きな投資が必要な部品を販売台数の稼げるセダンなどと共用化してコストを下げてきた。また近年はトヨタ自動車86&SUBARU(スバル)BRZ、マツダロードスター&フィアット124スパイダー、そして年内に発表が予定されている新型トヨタスープラ&BMW Z4(Z5とも噂される)などに見られるように、メーカーの壁を乗り越えて共同開発、生産を行うことでスポーツカーをビジネスとして成立させている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り954文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。