宮下奈都さんの本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』の中で、駆け出しのピアノ調律師である主人公が、「調律って、どうしたらうまくできるようになるんですか」と先輩に尋ねるくだりがあります。