この数年、アジアに進出した日本企業のビジネスパーソンたちに話を聞いた。実績を上げた人に共通する認識は次のようなものだった。「外国人になったつもりで、日本と日本人を見つめることが重要だ」