人間の脳にはおよそ860億個のニューロン(神経細胞)がある。覚醒時には、ニューロンはばらばらに活動しているが、そろって規則正しく活動すると、脳波記録にきれいな波形の線が現れる。これは脳が、混沌とした覚醒時の生活から遠ざかり、内向きになっていることを示す。感覚器からの情報入力も抑制され、やがて眠りに落ちる。