人間の脳にはおよそ860億個のニューロン(神経細胞)がある。覚醒時には、ニューロンはばらばらに活動しているが、そろって規則正しく活動すると、脳波記録にきれいな波形の線が現れる。これは脳が、混沌とした覚醒時の生活から遠ざかり、内向きになっていることを示す。感覚器からの情報入力も抑制され、やがて眠りに落ちる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1353文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。