日本有史以来最大の失敗、アジア・太平洋戦争。『敗戦真相記』はその真因を鋭くえぐり出す。第1に不明瞭かつ独善的な戦争目的。第2に軍部の精神主義。第3にメンツと内部事情を優先し、世論を無視した意思決定。繰り返し指摘されてきた論点だが、敗戦直後(1945年9月)、しかも広島での講演録だけに迫力が違う。しぼり出すような言葉の一つひとつが心に響く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1309文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。