参議院議員選挙で自民党が勝利し、憲法改正に前向きな勢力が参議院の3分の2以上を占めた。衆議院では既に与党が3分の2以上を占めており、形の上では憲法改正を発議できる態勢が整った。果たして安倍晋三首相は憲法改正に向けて動き出すのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1457文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。