暑苦しくてなかなか寝つけない、クーラーのタイマーが切れるたび目が覚めるなど、夏の寝苦しさに悩む人は多いだろう。「その原因は、深部体温という体の内部の温度がスムーズに下がらないため」と話すのは、睡眠環境プランナーの三橋美穂氏。

 「深部体温は朝から夜にかけて上がり、夜から朝にかけて下がるリズムで変動する。深部体温が下がると入眠しやすくなり、睡眠中はさらに下がって熟睡につながる。深部体温が下がるときは体の表面から放熱するが、夏の夜は高温多湿のため放熱しにくい。その結果、寝付きにくく、眠りが浅くなる」(三橋氏)。

 深部体温を下げるために留意すべきポイントは、背中、室温、頭の3つだ。中でも布団との接触面が大きい背中が重要で、「背中を蒸らさないことが夏の快眠の第一条件」と三橋氏は強調する。

続きを読む 2/3

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1013文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。