今年末にはパリで国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開かれ、温暖化ガス削減に向かって新たな動きが始まる。加えて、日本には、「3・11」の原子力発電所事故が残した巨大な負の遺産がある。日本の今後の環境・エネルギー政策はどうあるべきか。そのヒントになりそうな3冊を紹介する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1522文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。