今年末にはパリで国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開かれ、温暖化ガス削減に向かって新たな動きが始まる。加えて、日本には、「3・11」の原子力発電所事故が残した巨大な負の遺産がある。日本の今後の環境・エネルギー政策はどうあるべきか。そのヒントになりそうな3冊を紹介する。