<b>餃餃者の「黒胡椒とトマトチーズ焼き餃子」。皮はもちもち、粗びき肉はジューシー</b>(写真=竹井 俊晴)
餃餃者の「黒胡椒とトマトチーズ焼き餃子」。皮はもちもち、粗びき肉はジューシー(写真=竹井 俊晴)

 暑い夏がやってきた。冷たいビールにぴったりのおつまみといえば、餃子(ギョーザ)だ。

 全国の餃子を食べ歩き、ブログ『東京餃子通信』で情報発信している塚田亮一さんは、「餃子は完全食だ」と言う。小麦粉を使った皮で、肉や魚介類、野菜がたっぷりの「あん」を包む。焼く、ゆでる、揚げるといった調理方法やたれの違いで、アレンジの幅は無限大だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り748文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。