顧客に「売れる」「選ばれる」存在になりたい。いつの時代も、それがマーケティング活動の源泉だろう。だが、スマートフォンや「IoT(モノのインターネット)」が日常生活に入ってきたことで、消費者との関係は劇的に変化。