人は、どうしても他者の環境をうらやましく思う。「隣の芝生は青い」とはよく言ったもので、自分の環境を卑下して考えてしまうのだ。そして足元にある資源の価値を過小評価する。『ストレッチ』は、その本質を見事に描き切っている。