小さな個人経営の八百屋で、タマネギを買うとしよう。そこではごくあやふやなデータしか発生しない。店主は「この人はタマネギを買った」と思い、そしてたいていの場合は忘れる。ひょっとすると次の機会に「うちのタマネギはどうでしたか」と声をかけるかもしれないが、その程度だ。