7月10日に投開票された参議院選挙は、法改正で選挙権が18歳以上になって初めて実施された選挙だ。報道は、アベノミクスの成否を巡って選挙戦を繰り広げる与野党の動きを追う傾向が強かったが、選挙権が18歳以上に引き下げられた背景を再考することの方が重要ではないだろうか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1509文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。