東芝、タカタなど経営者の資質が問われる事態が次々と表面化している。今回は経営者をテーマにした本を3冊紹介していこう。経営者の良しあしを自らに当てはめてみると自戒に役立つ。また自身は経営に携わらないという人にも、取引先を見るときの参考になりそうだ。

 まるで雑誌の特集を拡大したかのように短編をまとめた読みやすい一冊が『好調を続ける企業の経営者はいま、何を考えているのか?』だ。8名の経営者に成功の秘訣をインタビューしている。人口が減少し、市場の先行きが見えず苦しんでいる大企業が多い中で「ユーグレナ」や「ディップ」など伸びている企業が登場する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1212文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。