天皇陛下のご退位まで1年を切った。憲法が定める象徴天皇制を我が国に根付かせようと懸命に励まれた両陛下のご努力には、ただただ頭を垂れるしかない。『天皇と儒教思想』は我が国が近代国家となる黎明(れいめい)期に光を当て、両陛下の宮中行事や祭祀(さいし)などが明治期に新しくつくられたことを明らかにした、天皇制を考える上でまたとない力作だ。代替わりに当たり、ビジネスパーソンはこれぐらいの教養は押さえるべきだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1219文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。