人類の歴史には、嘘つきの天才がしばしば登場する。その多くは金をだましとった犯罪者だが、ウォーターゲート事件への関与を否定した米国のリチャード・ニクソン元大統領のように、権力の座にとどまろうと嘘をついた政治家もいる。

 自分を偉大に見せるための嘘もある。いい例が米国のドナルド・トランプ大統領で、自分の就任式ではバラク・オバマ前大統領の最初の就任式よりも観衆の数が多かったと、明らかに嘘と分かる発言をした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り872文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。