<b>現行型マツダロードスターのハードトップ版であるRF。昨年末の発売以来、セールスは好調で顧客層は20代から60代以上まで幅広く、ATとMT比率は約5割ずつという</b>
現行型マツダロードスターのハードトップ版であるRF。昨年末の発売以来、セールスは好調で顧客層は20代から60代以上まで幅広く、ATとMT比率は約5割ずつという

 梅雨が明けたら、快晴の空の下、乗りこなしてみたいのがオープンカーだ。風を感じながらステアリングを握る楽しさは格別だ。

 いや、雨が降っていても、意外な味わい方がある。以前、クルマ好きな演出家が、インタビューで雨の日にソフトトップのオープンカーに乗っていると、傘をさしているように雨音が伝わってきて心地よいと話していたことが、とても印象的だった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2141文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。