「万一、日本に戻れたらなによりもすき焼きを食べようと思った」

 フィリピンのジャングルでの壮絶な飢餓体験こそが、中内㓛の原点だ。終戦後、米軍の生活物資を見て、その豊富さに圧倒され、庶民が豊かになり、おいしいものをたらふく食べられるようになるには、流通が重要だと痛感する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1324文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。