東京・浅草にある本染め手ぬぐい専門店
「染の安坊」。日本の伝統技法である「印染(しるしぞめ)」による手ぬぐいを扱う

 おしゃれに敏感な女性を中心に、10年以上前からブームになっている手ぬぐい。漂白した木綿に染色を施したものだが、小紋など昔ながらの古典柄、動植物など自然を取り入れた季節柄、現代風のおしゃれなデザインなど、好みに合わせて柄を選べる点が魅力だ。手ぬぐいを素材にしたさまざまな雑貨なども増えてきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り653文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。