アベノミクスの効果検証に関する議論が活発化するのに伴い、経済統計に対する注目が高まっている。そうした中での必読の一冊が、『数字・データ・統計的に正しい日本の針路』だ。