<田んぼと畑と名ばかりの小川に囲まれた、田舎臭いだけの町の借家に生まれた私は、家の周りで何も考えずに虫を追い回し、川で魚をすくい、カエルの合唱に耳を澄ませて過ごしていた。気づけば、あれから三十余年も経ったのだが、今やっていることがあの頃と大差ないのは、どういう運命の巡り合わせだろうか>

 『昆虫学者はやめられない』を、こう書き出しているのは、1982年生まれ、信州大学博士課程を修了し、現在は国立科学博物館で協力研究員を務める気鋭の昆虫学者。4年前、評者をして驚愕、絶句、感嘆せしめた快著『裏山の奇人─野にたゆたう博物学』(東海大学出版部)を世に問い注目された稀代のナチュラリストです。