今年2月、俳優の大杉漣さんが「急性心不全」で亡くなったことは記憶に新しいが、日本では、年間6万人が、心臓の異常が原因の突然死で亡くなっている。今や心不全の患者は全国で100万人を数え、2030年には「心不全パンデミック(爆発的流行)」と称される患者数の急増も予想される。心臓のケアについて専門家に聞いた。

Adviser
澤 芳樹(さわ・よしき)氏

大阪大学医学部心臓血管外科教授。iPS細胞を用いた心筋シートの開発など世界最先端の研究を推進する。

 突然死を起こす大きな原因になるのが心臓の病気です。覚えておいてほしいのは、心臓には痛みを感じるセンサーがないということです。周囲の神経が心臓の異常を察知して痛みの信号を発信するため、心臓とは別の場所で痛みを感じるのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1209文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。