アンデスの高地に暮らす人々は血液中に多くの酸素を取り込める遺伝子を持っている。オーストラリアのアボリジニは夜には氷点下となる砂漠の気候に合わせ、遺伝子を変異させ、体温調節の機能を発達させた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り929文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。