アンデスの高地に暮らす人々は血液中に多くの酸素を取り込める遺伝子を持っている。オーストラリアのアボリジニは夜には氷点下となる砂漠の気候に合わせ、遺伝子を変異させ、体温調節の機能を発達させた。