近代化を受けて活気づくパリの風景や人々の姿を、温もりある色彩で描き上げたルノワール。生涯に描いた絵画は4500点以上にも上り、印象派を代表する画家として、今も世界中で愛されている。膨大な作品のなかで、最高傑作と称されているのが『ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会』。