厚生労働省が発表したパワーハラスメント(パワハラ)の報告書によると、都道府県労働局の労働相談のトップはいじめや嫌がらせなどで件数は7万を超え、年々、増加傾向にある。ハラスメントのリスクと対策について、産業医であり、企業の健康管理に詳しい精神科医の米沢宏氏に聞いた。

Adviser
精神科専門医・産業医
米沢 宏

筑波大学医学専門学群、同大学院修了。認定産業医、認定臨床心理士、ジャパンEAPシステムズ取締役、顧問医。

 パワハラが増えているといわれますが、相談する人が増え表面化する件数が増えた、さらに、企業の業績が悪化することで職場のストレスが増えた、という2つの背景があるとみています。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1052文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。