日々、口にする食材の健康作用に関心が高まる中、魚の油の健康効果が改めて注目されている。

 肉と魚の脂肪の性質は大きく異なる。肉の脂身は飽和脂肪酸で、常温では固形化する。血液中ではコレステロールや中性脂肪を増やし、体脂肪をためやすい。一方、魚に含まれる油は不飽和脂肪酸で、常温では液体だ。

 魚の油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には健康効果があるとされ、多くの企業が研究に取り組んでいる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1326文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。