日々、口にする食材の健康作用に関心が高まる中、魚の油の健康効果が改めて注目されている。

 肉と魚の脂肪の性質は大きく異なる。肉の脂身は飽和脂肪酸で、常温では固形化する。血液中ではコレステロールや中性脂肪を増やし、体脂肪をためやすい。一方、魚に含まれる油は不飽和脂肪酸で、常温では液体だ。

 魚の油に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)には健康効果があるとされ、多くの企業が研究に取り組んでいる。