5月5日は端午の節句。男の子の成長を願い、親や祖父母が兜(かぶと)飾りや五月人形を贈るのが、古くからの習わしとなっている。昭和の時代は力強い大ぶりな兜飾りが人気だった。