アートに興味はあるが、どの本から読めばいいのか分からない。美術に詳しくない人こそ、教科書的な入門書ではなく、エンターテインメント性に富んだ一冊を選ぶべきだ。