北極圏の境界線から北へ400km。シベリア北部のヤマル半島にある天然ガス田、ボバネンコボで、2014年12月、会議室の大型スクリーンになじみの顔が映し出された。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領。ロシアの巨大エネルギー企業ガスプロムのアレクセイ・ミラーCEO(最高経営責任者)は、大統領に、新しいガス田の操業開始の指示を求めた。