北極圏の境界線から北へ400km。シベリア北部のヤマル半島にある天然ガス田、ボバネンコボで、2014年12月、会議室の大型スクリーンになじみの顔が映し出された。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領。ロシアの巨大エネルギー企業ガスプロムのアレクセイ・ミラーCEO(最高経営責任者)は、大統領に、新しいガス田の操業開始の指示を求めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1154文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。