Adviser
すなおクリニック 院長
内田 直氏(うちだ・すなお)
滋賀医科大学卒業。米国留学などを経て早稲田大学スポーツ科学学術院教授に。2016年より現職。

 7時間程度の睡眠時間を確保できるのに、寝つきが悪かったり、夜中に何度も起きてしまったりして、寝起きがすっきりせず、昼間に強い眠気を感じるという人も少なくない。生活に運動を取り入れると睡眠の改善につながる可能性がある。

 実際、体を動かしてしっかり汗を流した日は、疲れて早めにベッドに入りたくなるし、夜中に目を覚ますことも減る。また、アスリートの睡眠時間は普通の人よりも長く、引退すると不眠に悩むことも多いという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1044文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。