この春、社の新たな指針を公表した企業も多いだろう。日本企業が世界を舞台に戦う際、単なる価格競争に巻き込まれないようにするためには、差別化とブランディングに対する明確な思想や戦略が欠かせない。