アベノミクスがスタートして以降、安倍晋三政権の経済政策に影響を及ぼすキーマンによる書籍が次々と出版されている。中でも、安倍首相の増税延期決断で決定的役割を果たしたとされるポール・クルーグマン氏と浜田宏一・内閣官房参与が世界経済を論じた『2020年 世界経済の勝者と敗者』は必読だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1526文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。