Adviser
金沢大学大学院教授
山田正仁
神経変性疾患、特にアルツハイマー病研究のトップランナーとして広く知られる。

 超高齢社会が進む中、認知症患者が増え、大きな問題になっている。2025年には65歳以上の5人に1人が認知症患者になるとも予想される中、石川県で進められている、認知症発症を遅らせる研究が注目を集めている。