春めいてくると、無性に体を動かしたくなるという人は多いだろう。それは、体が「春の体」に変化し始めているサイン。気温の上昇につれ冬の寒さによる緊張が解け、硬くなっていた関節が自然と緩み出すためだ。