デフレ脱却が思うように進んでいないといわれている中、金融政策に対する注目度は相変わらず高い。こうした中、2010年から5年間、日本銀行政策委員会審議委員を務めた宮尾龍蔵氏による『非伝統的金融政策』は必読だ。