<span class="fontBold"><span class="pink">1. </span>VWのCEO、Dr.ディースと同ブランドのEV「I.D. VIZZION」。奥はミニバンタイプの「I.D. BUZZ」</span>(写真=VOLKSWAGEN AG)
1. VWのCEO、Dr.ディースと同ブランドのEV「I.D. VIZZION」。奥はミニバンタイプの「I.D. BUZZ」(写真=VOLKSWAGEN AG)
<span class="fontBold"><span class="pink">2. </span>ポルシェのEV「ミッションE」の派生モデル「ミッションEクロスツーリスモ」。19年発売予定</span>
2. ポルシェのEV「ミッションE」の派生モデル「ミッションEクロスツーリスモ」。19年発売予定
<span class="fontBold"><span class="pink">3. </span>アウディの電動SUV「Q6 e-tron」。1充電あたりの航続距離500kmを実現。年内にも販売が開始される</span>
3. アウディの電動SUV「Q6 e-tron」。1充電あたりの航続距離500kmを実現。年内にも販売が開始される

 3月のジュネーブ自動車ショーで、ひときわ注目を浴びたのが、独フォルクスワーゲン(VW)グループの電動化戦略だ。VWグループはVWブランドを筆頭にアウディ、ポルシェ、ベントレーなど乗用車、2輪車のドゥカティ、商用車のMAN、スカニアなど12のブランドを擁する。昨年、2025年までに80の電動パワートレイン搭載車を発売し、30年には、VWグループの全ラインアップにEV(電気自動車)を設定する戦略「ロードマップE」を発表しており、今回ジュネーブでは、その具体例が示され始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1114文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。