暴力的かつ破滅的な気性からいさかい事が絶えず、ついには殺人を犯し、逃亡生活を余儀なくされた画家カラヴァッジョ。ローマからイタリア南部のマルタ島まで、さまざまな街を転々とする生活を送りながらも、精力的に絵を描き続け、16世紀末~17世紀前半のイタリアで絶大な人気を誇った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り914文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「CULTURE」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。