(写真=skaman306/Getty Images)

 春が近づき、徐々に日の出の時刻が早まってきた。いつもより早く布団から抜け出し、朝時間を有効活用する「朝活」を開始するにはもってこいの季節だ。

 これまでの朝活は、出社前に趣味や運動を楽しむ活動という印象が強かった。しかし、働き方改革が注目される昨今、「効率的に仕事をするための準備として、朝時間を活用する人が増えている」と、働き方改革コンサルタントで朝活を提唱する池田千恵さんは話す。

 一般企業でもフレックス勤務や時差出勤の導入が進み、伊藤忠商事などでは早朝勤務に割増賃金を支給し始めた。産業界も熱視線を注ぎ始めている。